Honda HEAT Rugby Football Club

Home試合日程&結果

試合日程&結果Schedule & Result

ジャパンラグビーリーグワン2022 DIVISION2 日野レッドドルフィンズ戦 試合結果

VS 日野レッドドルフィンズ 2022年01月30日(日) 【ホスト】三重交通Gスポーツの杜鈴鹿(三重県鈴鹿市) 12:00 K.O


Honda HEAT

32

  • 21 - 7
  • 11 - 17

24


日野レッドドルフィンズ

Honda HEATメンバー
1 鶴川達彦
2 李承爀
3 大山祥平
4 フランコ・モスタート
5 中川真生哉
6 ポール・スクーマン
7 古田凌(C)
8 ヴィリアミ・アフ・カイポウリ
9 山路健太
10 呉洸太
11 尾又寛汰
12 ダーウィッド・ケラーマン
13 クリントン・ノックス
14 渡部寛太
15 マット・ダフィー
リザーブメンバー
16 西澤将太
17 赤平勇人
18 日比野壮大
19 マティウス・バッソン
20 小林亮太
21 根塚聖冴
22 朴成基
23 半井優太
  • Honda HEAT
  • 日野レッドドルフィンズ
前半 後半 得点 前半 後半
3 1 T 1 2
3 0 G 1 2
0 2 PG 0 1
0 0 DG 0 0
21 11 小計 7 17
32 合計 24
日野レッドドルフィンズ
1 山崎基生
2 濱野隼也
3 デイヤン・ファンダーウエストハイゼン
4 ディネスバラン・クリシュナン
5 廣田耀規
6 パーカーアッシュ
7 堀江恭佑(C)
8 千布亮輔
9 橋本法史
10 北原璃久
11 川井太貴
12 ティジェイファイアネ
13 トンガモセセ
14 吉川遼
15 ジャック・デブラシーニ
リザーブメンバー
16 木津武士
17 久富雄一
18 浅原拓真
19 ナシ・マヌ
20 木村勇大
21 古川浩太郎
22 東郷太朗丸
23 松井佑太

動画

速報

- 試合開始 -

前半10分 三重ホンダヒート
⑫ケラーマン トライ
⑩呉 ゴール成功
7ー0

前半34分 三重ホンダヒート
⑧カイポウリ トライ
⑩呉 ゴール成功
14ー0

前半37分 日野レッドドルフィンズ
⑨橋本 トライ
⑩北原 ゴール成功
14ー7

前半42分 三重ホンダヒート
⑥スクーマン トライ
㉒朴 ゴール成功
21ー7

- ハーフタイム-

後半4分 日野レッドドルフィンズ
③ファンダーウエストハイゼン トライ
⑩北原 ゴール成功
21ー14

後半9分 三重ホンダヒート
⑩朴 ペナルティゴール成功
24ー14

後半15分 日野レッドドルフィンズ
⑬トンガ トライ
⑩北原 ゴール成功
24ー21

後半26分 三重ホンダヒート
⑧カイポウリ トライ
⑩朴 ゴール失敗
29ー21

後半33分 日野レッドドルフィンズ
⑩北原 ペナルティゴール成功
29ー24

後半9分 三重ホンダヒート
⑩朴 ペナルティゴール成功
32ー24


- 試合終了-

総括コメント

【JRLO2022】vs 日野レッドドルフィンズ
NTTジャパンラグビーリーグワン2022 D2 第3節
日野レッドドルフィンズとの対戦は
ホストゲーム・三重交通Gスポーツの杜鈴鹿で行われました。
前節、花園近鉄ライナーズに敗戦を喫し、1勝1敗のヒートに対し、
レッドドルフィンズは開幕から2連勝で首位を走ります。
優勝を目指すヒートにとって負けられない戦いとなりました。

ヒートの試合メンバーは
3番のプロップに大山が入り、①鶴川、②李と共に
平均年齢24歳の若いフロントローで第3節に挑みます。
ロックには④モスタート、フランカーには⑥スクーマンが復帰し、
ヒートの強烈な南アフリカコンビがチームに活気をもたらします。
バックスは最年少の⑫ケラーマンが初のスタメン入り。
⑪尾又と⑭渡部のWカンタへボールを繋ぐパイプ役となれるか。
前節欠場した⑮ダフィーも復帰し、決定力のあるバックスリーが揃います。

試合は三重ホンダヒートボールのキックオフで開始されました。
序盤はお互いにキックの攻防で攻撃の機会を窺います。
最初にチャンスを作ったのはヒート。
敵陣のラインアウトから脱出しようとした相手のキックを
⑫ケラーマンがチャージ。こぼれ球をそのまま抑えトライ!
幸先よく先制点を奪います。
その後、追加点が欲しいヒートでしたが、
なかなか得点が動かないまま30分が経過します。
31分、⑮ダフィーが敵陣にキックを蹴り込むと
鋭いタックルでプレッシャーをかけペナルティーを獲得。
敵陣深くのラインアウトからモールを形成してトライを狙います。
モールは崩れてしまいますが、⑧カイポウリが力で捩じ込みトライ!
待望の追加点で14ー0とリードを広げます。
波に乗りたいヒートですが、37分に1トライを返されます。
しかし終了間際に敵陣でラインアウトを獲得すると、
⑬ノックスが回転しながら相手DFをスルスルとかわして前進。
ボールを継続し、⑥スクーマンにボールを繋ぎます。
⑥スクーマンがタックルされながらも力強く前進しトライラインへダイブ!
TMOでトライが認められ21ー7とリードを広げ前半を終了します。

後半はレッドドルフィンズボールのキックオフで開始。
前半の勢いが欲しいヒートでしたが、開始4分でトライを奪われてしまいます。
ヒートは9分、敵陣でペナルティーを獲得すると、
㉒朴がペナルティーゴールを決め、24ー14と安全圏内にリードを広げます。
しかし14分、再びトライを許し、3点差まで迫られます。
26分、敵陣でのスクラムからこの日絶好調の⑧カイポウリが
相手のいないサイドへ持ち出し30mを走り抜けトライ!
その後、両チームペナルティーゴールを追加し、32ー24で試合終了。
ホストゲームでは連勝を飾りました。

次戦は1週空いて、2/13に三菱重工相模原ダイナボアーズと
再び三重県でのホストゲームとなります。
引き続き、三重ホンダヒートへの熱い応援をよろしくお願いします。

Photo by A.Hasegawa

フォトギャラリー