Honda HEAT Rugby Football Club

Home試合日程&結果

試合日程&結果Schedule & Result

練習試合 静岡ブルーレヴズ戦 試合結果

VS 静岡ブルーレヴズ 2022年11月04日(金) ヤマハ大久保グラウンド ※40分×3本 12:00 K.O


Honda HEAT

19

  • 5 - 7
  • 14 - 40

47


静岡ブルーレヴズ

Honda HEATメンバー
1 鶴川達彦
2 金井建雄
3 吉岡大貴
4 パディー・バトラー
5 ヴィリアミ・ヴリ
6 小林亮太
7 古田凌(C)
8 ヴィリアミ・アフ・カイポウリ
9 根塚聖冴
10 呉洸太
11 河野孝太郎
12 森川海斗
13 フレイザー・クワーク
14 本村直樹
15 松浦祐太
リザーブメンバー
16 藤井拓海
17 李承爀
18 星野克之
19 赤平勇人
20 肥爪駿
21 日比野壮大
22 平野叶翔
23 西澤将太
24 マティウス・バッソン
25 テトゥヒ・ロバーツ
26 秋山陽路
27 トレーニングメンバー
28 近藤雅喜
29 服部航介
30 辻惇朗
31 伊藤玖祥
32 山路健太
33 小畑拓也
34 朴成基
35 トレーニングメンバー
36 重一生
37 ダーウィッド・ケラーマン
38 渡邉弐貴
39 藤田慶和
40 郡司健吾
  • Honda HEAT
  • 静岡ブルーレヴズ
前半 後半 得点 前半 後半
1 2 T 1 6
0 2 G 1 5
0 0 PG 0 0
0 0 DG 0 0
5 14 小計 7 40
19 合計 47
静岡ブルーレヴズ
1 河田和大
2 平川隼也
3 西村颯平
4 マリー・ダグラス
5 桑野詠真
6 舟橋諒将
7 庄司拓馬
8 マルジーン・イラウア
9 ブリン・ホール
10 サム・グリーン
11 吉良友嘉
12 ジョニー・ファアウリ
13 鹿尾貫太
14 矢富洋則
15 キーガン・ファリア
リザーブメンバー
16 泓城蓮
17 郭玟慶
18 三村勇飛丸
19 リッチモンド・トンガタマ
20 ヴィリアミ・タヒトゥア
21 江口晃平
22 アニセサムエラ
23 畠澤諭
24 杉原立樹
25 田上稔
26 清原祥
27 小林広人
28 マロ・ツイタマ
29 伊東力
30 奥村翔
31 植木悠治
32 ジョーンズリチャード剛
33 松本力哉
34 吉沢文洋
35 クリントン・スワート
36
37
38
39
40

速報

【試合開始】
※40分×3本で行いました

- 1本目 -
3分 三重ホンダヒート
⑧カイポウリ トライ
⑮松浦 ゴール失敗
5-0

20分 静岡ブルーレヴズ
トライ ゴール成功
5-7

- 2本目 -
6分 静岡ブルーレヴズ
トライ ゴール失敗
5-12

13分 三重ホンダヒート
⑥小林 トライ
⑩朴 ゴール成功
12-12

21分 静岡ブルーレヴズ
ペナルティートライ
12-19

33分 静岡ブルーレヴズ
トライ ゴール成功
12-26

35分 静岡ブルーレヴズ
トライ ゴール成功
12-33

40分 静岡ブルーレヴズ
ペナルティートライ
12-40

- 3本目 -
20分 三重ホンダヒート
⑫ケラーマン トライ
⑩トレーニングメンバー ゴール成功
19-40

28分 静岡ブルーレヴズ
トライ ゴール成功
19-47

- 試合終了 -

総括コメント

【練習試合】vs 静岡ブルーレヴズ
2022-23シーズン練習試合。
ディビジョン1のブルーレヴズとの対戦。
ヒートとしては、別府キャンプを終え、チームとしてのレベルアップを証明したいところ。
新加入の⑤ヴリも先発メンバーに名を連ね、初出場に燃えます。

ヒートボールのキックオフで試合開始
開始早々、⑧カイポウリのジャッカルでチャンスを獲得するとFW戦に持ち込みます。
ラックサイドを徐々に前進し、最後は⑧カイポウリが力で押し込みトライ!
幸先の良いスタートを切ります。
ヒートはその後もテンポの良い攻撃を続けますが、なかなか追加点が奪えません。
すると20分、自陣ゴール前のラインアウトからモールでトライを奪われてしまいます。
お互いに集中力が高く、一進一退の試合展開が続き、1本目は5-7で終了します。

2本目はブルーレヴズのキックオフで開始。
逆転を狙うヒートでしたが6分、トライを追加されてしまいます。(5-12)
しかしヒートも反撃します。
敵陣のラインアウトからボールを継続し、⑤ヴリが持ち前のパワーで突破すると、
代わって入った⑨伊藤が攻撃のテンポを上げゴールに迫ります。
最後は⑥小林が飛び込みトライ!同点に追いつきます。(12-12)
しかし21分、ゴール前まで攻め込まれペナルティートライを与えてしまいます。(12-19)
さらに33分、35分にもトライを奪われ、リードを広げられます。
終了間際にもペナルティートライを許し、12-40で3本目に挑みます。

3本目はヒートボールのキックオフで再開。
出だしから攻め続けるヒート。徐々にテンポを掴みます。
⑩トレーニングメンバーの狙いすましたキックパスがうまく転がり、ボールを獲得。
チャンスを確実にモノにし、⑫ケラーマンがトライ!
19-40と追い上げます。
点差を縮めますが、29分に再びトライを返され19-47となります。
その後も最後まで攻め続けるヒートですが、そのまま試合終了。
19-40で敗戦となりました。

Photo by A.Hasegawa

フォトギャラリー