Honda HEAT Rugby Football Club

Home試合日程&結果

試合日程&結果Schedule & Result

2016-17 ジャパンラグビートップリーグ クボタスピアーズ戦 試合結果

VS クボタスピアーズ 2016年09月17日(土) 万博記念公園陸上競技場 19:00 K.O


Honda HEAT

15

  • 5 - 5
  • 10 - 13

18


クボタスピアーズ

Honda HEATメンバー
1 田中貴士→17
2 天野豪紀→16
3 元公法→18
4 鎌田祐太郎→19
5 塚本篤志
6 中田晃司→20
7 小林亮太
8 フィナウ・トゥパ
9 香山良太→21
10 小西大輔(C)
11 ディグビー・イオアネ
12 中村有志→23
13 レリア・マサンガ→22
14 ロマノ・レメキ・ラヴァ
15 本村直樹
リザーブメンバー
16 圓生正義(後0分)
17 越田勝利(後26分)
18 サレシ・マヌー(後26分)
19 秋山陽路(後20分)
20 川崎大翔(後20分)
21 山路健太(後5分)
22 朴成基(後26分)
23 森川海斗(後20分)
  • Honda HEAT
  • クボタスピアーズ
前半 後半 得点 前半 後半
1 1 T 1 1
0 1 G 0 1
0 1 PG 0 2
0 0 DG 0 0
5 10 小計 5 13
15 合計 18
クボタスピアーズ
1 株木貴幸
2 杉本博昭→16
3 古賀太貴→17
4 金昊範→19
5 青木祐樹
6 萩澤正太
7 ピーター・ラピーズ・ラブスカフニ
8 四至本侑城→20
9 ルイ・シュラウダー→21
10 ルイ・フーシェ
11 高橋拓朗
12 立川理道(C)
13 オツコロ・カトニ
14 伊藤有司
15 合谷和弘→23
リザーブメンバー
16 立川直道(後26分)
17 岩爪航(後26分)
18 才田智
19 新関世志輝(後13分)
20 田村玲一(後26分)
21 井上大介(後32分)
22 森脇秀幸
23 近藤英人(後26分)}

速報

【H】Honda
【K】クボタ

-試合開始-
【H】キックオフ

-5分経過-
【H】8分 中田 トライ 5−0(ゴール失敗)

-10分経過-

-15分経過-

-20分経過-

-25分経過-

-30分経過-
【K】30分 萩澤 トライ 5−5(ゴール失敗)

-35分経過-

-前半終了-


-後半開始-
【K】キックオフ
【H】3分 レメキ PG成功 8−5

-5分経過

-10分経過-

-15分経過-
【K】16分 フーシェ PG成功 8−8

-20分経過-
【K】24分 伊藤 トライ 8−13(ゴール成功 8−15)

-25分経過-

-30分経過-
【K】31分 フーシェ PG成功 8−18

-35分経過-
【H】35分 レメキ トライ 13−18(朴 ゴール成功 15−18)

-試合終了-

総括コメント

【TL第4節】vs クボタスピアーズ
"Hondaボールのキックオフで試合開始。
開始早々、左サイドを(11)ディグビー→(6)中田と繋ぎ大きく前進するも
クボタディフェンスに阻まれボールを奪われます。
序盤は互いにキックを使いエリアを取り合う慎重な立ち上がりに。
(14)レメキがディフェンスラインの裏に上げた小パントを自ら補給し、外のディグビーへ繋ぎます。
そのままラックを形成し大外まで展開します。
9分、最後にボールを受けた中田がインゴールへ飛び込み先制のトライを奪います。(5−0)
その後も(10)小西のラインブレイクから大きく前進。
パスを受けた(7)小林のトライかと思われましたがオブストラクションの判定でノートライ。
相手のキックから自陣でのプレーとなるも、DFのターンオーバーから敵陣でのラインアウトとなります。
大きく外に展開してフェイズを重ねます。
一気にゴール前へ迫るも強固なディフェンスに阻まれボールを失います。
逆にクボタのラインブレイクからゴール前でのディフェンスになります。
自陣5mスクラムの場面から展開され、ディフェンスを引きずりながらインゴールまで
ボールを運ばれますが、TMO判定によりノートライとなります。
しかし、ゴール前でのディフェンスが続き、スクラムからサイドアタックを繰り返されて
30分、同点となるトライを奪われてしまいます。
その後は互いにアタックの決め手がなく、チャンスの場面を作るも無得点のまま前半終了。

クボタボールのキックオフ。
キックオフから敵陣でペナルティを獲得。
3分、レメキがPGをしっかりと決め、8−5とします。
再開後に、キックから一気に自陣まで侵入されます。
自陣でのペナルティからラインアウトディフェンスとなります。
クボタボールスクラムからのディフェンス。
フェイズを重ねられますが、(4)鎌田の強烈なタックルでミスを誘います。
16分、攻め込まれ続け自陣でのペナルティからPGを決められ同点となります。(8−8)
セットプレーの乱れからゴール前まで前進され、大外へ展開されます。
24分、そのままクボタ(14)伊藤にトライを奪われ8−15となります。
31分にもPGを決められ8−18、リードを10点差に広げられます。
反撃に出たいHondaは小西が自陣から約50mを走り、大きく前進。
そこからボールを繋ぎ(13)森川が外のスペースにパントを上げます。
ワンバウンドしたボールに反応したのはレメキ!
35分、トライを奪い、コンバージョンキックを(22)朴が決め15−18と3点差まで迫ります。
キックオフからボールをキープし攻め続けますが、キャッチの乱れからボールを失います。
ボールを奪うことができずにそのまま試合終了。

悔しい結果となりましたが勝ち点1を獲得しました。
次節は10月1日(土)京都府 西京極総合運動公園陸上競技場にて
コカ・コーラレッドスパークスとの試合となります。

フォトギャラリー