Honda HEAT Rugby Football Club

Home試合日程&結果

試合日程&結果Schedule & Result

2016-17 ジャパンラグビートップリーグ キャノンイーグルス戦 試合結果

VS キャノンイーグルス 2017年01月14日(土) 東大阪市花園ラグビー場 14:00 K.O


Honda HEAT

26

  • 19 - 14
  • 7 - 14

28


キャノンイーグルス

Honda HEATメンバー
1 滝澤翔太→17
2 天野豪紀(C)→16
3 田中貴士→18
4 鎌田祐太郎
5 塚本篤志
6 中田晃司→20
7 デオン・ステフマン→19
8 ミロ・デビッド
9 ヤン・ヨンフン→21
10 古屋孝広
11 本村直樹
12 マリエトア・ヒンガノ→22
13 森川海斗
14 ディグビー・イオアネ
15 半井優太→23
リザーブメンバー
16 圓生正義(後22分)
17 越田勝利(後30分)
18 元公法(後11分)
19 秋山陽路(後15分)
20 川崎大翔(後0分)
21 香山良太(後27分)
22 朴成基(後27分)
23 レリア・マサンガ(後15分)
  • Honda HEAT
前半 後半 得点 前半 後半
3 1 T 2 2
2 1 G 2 2
0 0 PG 0 0
0 0 DG 0 0
19 7 小計 14 14
26 合計 28
キャノンイーグルス
1 五十嵐優→17
2 庭井祐輔(C)→16
3 山路泰生→18
4 日高駿→19
5 アニセ・サムエラ
6 杉永亮太
7 嶋田直人
8 アダム・トムソン→20
9 福居武
10 ジャン・クロード・ルース→21
11 原田季郎
12 三友良平
13 ティム・ベネット→23
14 橋野皓介
15 ウィリー・ルルー
リザーブメンバー
16 金子大介(後27分)
17 山本貢(後20分)
18 レイルア・マーフィー(後11分)
19 菊谷崇(後11分)
20 コーリー・トーマス(後0分)
21 野口裕也(後27分)
22 森谷直貴
23 マイケル・ボンド(後27分)

速報

【H】・・・Honda
【C】・・・キヤノン

-試合開始-
【H】キックオフ

-5分経過-
【C】7分 13.ベネット トライ 0-5(ゴール成功 0-7)

-10分経過-
【H】13分 6.中田 トライ 5-7(ゴール失敗)

-15分経過-

-20分経過-,
【H】23分 7.デオン トライ 10-7(10.古屋 ゴール成功 12-7)

-25分経過-

-30分経過-
【H】32分 8.ミロ トライ 17-7(10.古屋 ゴール成功 19-7)

-35分経過-
【C】37分 14.橋野 トライ 19-12(ゴール成功 19-14)

-前半終了-


-後半開始-
【C】キックオフ

-5分経過-

-10分経過-
【C】10分 11.原田 トライ 19-19(ゴール成功 19-21)

-15分経過-

-20分経過-
【H】8.ミロ シンビン

-25分経過-
【C】26分 2.庭井 トライ 19-26(ゴール成功 19-28)

-30分経過-
【H】34分 10.古屋 トライ 24-28(10.古屋 ゴール成功 26-28)

-35分経過-

-試合終了-

総括コメント

【TL第15節】vs キヤノンイーグルス
Hondaボールのキックオフで試合開始。
相手のミスから得たボールを展開してアタックを仕掛けていきますが
外での繋ぎの部分でミスが発生し、キヤノンボールに。
7分、自陣でのディフェンスから裏のスペースにキックを上げられ
そのボールをインゴールで押さえられて先制トライを奪われてしまいます。(0-7)
ブレイクダウン周辺でのキヤノンのプレッシャーが激しく、球出しが遅くなってしまいますが
(10)古屋のキックにより敵陣ゴール前でのラインアウトディフェンスとなります。
このラインアウトを空中でスティール!マイボールとしてゴール前で攻め続けます。
13分にゴール前での混戦から(6)中田がボールをインゴールに捻じ込んでトライ!(5-7)
(12)ヒンガノの力強い走り等で少しづつ勢いがついてきたHonda。
キヤノンのペナルティも絡み敵陣でのプレー時間が長くなってきます。
ラインアウトモールからフォワードが押し込み、インゴールにボールを置いたと思われましたがここでTMO判定。
判定の結果(7)デオンのトライが認められ、23分に逆転に成功します。(12-7)
その後も(9)ヤンのサイドアタックから大きく前進し、敵陣5m地点でラインアウトのチャンスを得ます。
32分にこのラインアウトモールを押し込んで最後は(8)ミロがボールを押さえてトライを奪います。(19-7)
このまま前半終了かと思われますが37分にトライを奪われてしまい19-14で前半終了となります。

キヤノンボールのキックオフで後半開始。
立ち上がりから連続でペナルティを取られてしまい、自陣でのディフェンスとなりますが
粘り強いディフェンスで自陣から脱出に成功します。
アタックを仕掛けていきたいHondaでしたがミスとペナルティで思うようなアタックができず
少しづつディフェンスラインを下げられてしまいます。
10分にはゴール前でのディフェンスから外を抜かれて逆転のトライを奪われます。(19-21)
互いにアタックを仕掛けていくも共にミスが増え、中盤でのプレーが増えて得点が動かないまま試合が進みます。
しかし、26分に自陣でのペナルティからラインアウトディフェンスとなり
そのモールをそのまま押し込まれてトライを奪われ、リードを広げられてしまいます。(19-28)
リードを広げられますが34分にキヤノンのキックを(14)ディグビーがキャッチし相手を躱していきます。
そのボールを(11)本村に繋ぎラインブレイクで一気にゴール前まで攻めあがります。
素早くラックを形成し、最後はボールを受けた古屋がディフェンスのスペースに走り込みトライ!
自身のゴールもしっかりと決めて26-28と2点差まで迫ります。
ディフェンスからプレッシャーをかけてボールを奪おうとしますが、あと一歩届かず。
26-28で試合終了となりました。

本日の試合をもってHonda HEATはトップリーグ2016-17の全日程を終えました。
結果としては1勝14敗で16位。トップリーグからの自動降格となり
来シーズンより新設された「トップチャレンジリーグ」への参入が決定となりました。
必ず1年でのトップリーグ昇格を決めてまたこの舞台で戦うためにチーム一丸となって精進してまいります。

今シーズンの熱いご声援ありがとうございました。

フォトギャラリー