Honda HEAT Rugby Football Club

Home試合日程&結果

試合日程&結果Schedule & Result

トップ チャレンジ リーグ マツダ ブルーズーマーズ戦 試合結果

VS マツダ ブルーズーマーズ 2017年09月09日(土) 三重交通G スポーツの杜 鈴鹿 16:00 K.O


Honda HEAT

53

  • 29 - 12
  • 24 - 0

12


マツダ ブルーズーマーズ

Honda HEATメンバー
1 越田勝利→17
2 天野豪紀→16
3 呉智元→18
4 鎌田祐太郎
5 RGスナイマン→19
6 ミロデビッド
7 小林亮太(C)
8 トマシソンゲタ→20
9 山路健太→21
10 ジャックデブレチェニ
11 生方信孝
12 朴成基
13 森川海斗→22
14 ロマノレメキラヴァ
15 エイダントウア→23
リザーブメンバー
16 竹内擁騎(後13分)
17 滝澤翔太(後13分)
18 呉味和昌(後20分)
19 川崎大翔(後20分)
20 デオンステフマン(後20分)
21 香山良太(後28分)
22 具智允(後20分)
23 半井優太(後20分)
24
25
26
27
28
29
30
  • Honda HEAT
  • マツダ ブルーズーマーズ
前半 後半 得点 前半 後半
5 4 T 2 0
2 2 G 1 0
0 0 PG 0 0
0 0 DG 0 0
29 24 小計 12 0
53 合計 12
マツダ ブルーズーマーズ
1 小柳友徳→18
2 高見優太
3 金光大生→17
4 中居智昭
5 米本侑人
6 斉藤健也(C)
7 柏田裕紀→20
8 太田力→19
9 佐久間隆
10 アイザック・トンプソン
11 村澤大洋
12 金丸勇人
13 ジョー・カマナ→23
14 三好啓太
15 崎口銀仁朗→22
リザーブメンバー
16 永田亮
17 ナカンダカリ雄一(後5分)
18 大竹智也(前9分)
19 テビタ・コロアマタンギ(後5分)
20 西野嘉修(後28分)
21 後藤大
22 後藤大輔(後13分)
23 李修平(後13分)
24
25
26
27
28
29
30

速報

【H】・・・Honda HEAT
【M】・・・マツダブルーズーマーズ

- 試合開始 -
【H】 キックオフ

【H】1分 11、生方 トライ 5-0 (ゴール失敗)

【H】5分 11、生方 トライ 10-0 (ゴール失敗)

【H】9分 3、具智元 トライ 15-0 (ゴール失敗)

-15分経過-

【M】15分 11 トライ 15-5 (ゴール成功 15-7)

【M】17分 11 トライ 15-12 (ゴール失敗)

【H】28分 ペナルティートライ 22-12

【H】34分 10、デブレチェニ トライ 27-12 (12朴ゴール成功 29-12)

‐前半終了‐

‐後半開始‐
【M】キックオフ

【H】2分 14、レメキ トライ 34-12 (ゴール失敗)

‐10分経過‐

-20分経過‐

【H】22分 23、半井 トライ 39-12 (12朴 ゴール成功 41-12)

【H】25分 14、レメキ トライ 46-12 (12朴 ゴール成功 48-12)

【H】30分 20、ステフマン トライ 53-12 (ゴール失敗)

-試合終了-

総括コメント

【TCL第1節】vs マツダブルーズーマーズ
Hondaボールのキックオフで試合開始。
キックオフのボールを奪い、開始早々チャンスを得ます。
連続攻撃から最後は生方選手が抜け出しトライ!ノーホイッスルトライで先制します。
その直後のキックオフではミスしてしまいますが、相手スクラムを圧倒しペナルティーを得て敵陣深くへ攻め込みます。
ラインアウトから左右に展開し、最後はまたもや生方選手が相手を躱しトライ!
そして前半9分、敵陣深くで得たラインアウト。
夏シーズン絶好調だったモールを押し込み、Honda初キャップとなった具智元がトライ!
早くも主導権を握ります。

しかし前半14分、マツダがペナルティーゴールを外した直後のドロップアウトから
相手に一瞬の隙を突かれトライを奪われてしまいます。
またその直後にもこぼれ球を拾われ連続トライを許します。

その後もHondaは攻め続けるものの、なかなか突破することができません。
しかし敵陣深くで得たスクラムのチャンス。
この試合スクラムで優位に立つHondaが相手の反則を誘い、ペナルティトライを得ます。
その後もソンゲタ選手が相手を弾き飛ばし、つないだボールをデブレチェニ選手が押さえ1トライを追加します。
前半を29-12で折り返します。

マツダのキックオフで後半開始。
2分優勢のスクラムから、新加入トゥア選手がうまく相手をずらしレメキ選手へとつなぎます。
レメキ選手が得意のハンドオフで相手を躱しトライ!
後半も早々に先制します。

その後急な大雨もあり、一進一退の攻防が続きます。
均衡を破ったのは後半22分。
初キャップの竹内選手が投げ入れたラインアウトから始まったアタックで、
デブレチェニ選手がうまくスペースを見つけ出し半井選手へ繋ぎトライを追加。
勢いそのままに相手のキックオフから攻めるHondaは、
朴選手の狙いすましたキックパスをレメキ選手がキャッチしトライ。
その5分後も力強いモールでトライを奪ったHondaが53-12で勝利しました。

この調子のまま、トップチャレンジリーグ全勝を目指します。
熱いご声援ありがとうございました!

フォトギャラリー