Honda HEAT Rugby Football Club

Homeポジションと役割

ポジションと役割Position & Role

ラグビーは15人それぞれにポジションが決まっています。大きく分けると、フォワード(FW)と呼ばれる前の8人と、バックス(BK)と呼ばれる後ろの7人に分けられます。
フォワード8人はスクラムを組むメンバーです。
更にフォワード最前列で相手フォワードと組み合う3人を「フロントロー」、その後ろで支える2人を「セカンドロー」、スクラム最後列で押し込む3人を「サードロー」と呼びます。
但し、現在の実際の配列は「前列3人/中列4人/後列1人」となりましたが、呼び名は上記のままです。また、バックスは「ハーフバックス」「スリークォーターバックス」「フルバック」と3つに分けられます。

各ポジションの役割

左プロップ

フォワード/フロントロー
背番号1番

スクラムを組む時に、最前列3人の中の左に位置する選手で、相手フォワードと直接組合うスクラムの要です。体重が重く、がっしりした体型の選手が向いていると言われています。スクラムでは相手プレーヤーと激しく組み合うので、首が太く頑丈で、耳が大きい事も特徴の一つ(?)です。プロップとは支柱という意味です。ルースヘッドプロップとも呼ばれます。

フッカー

フォワード/フロントロー
背番号2番

スクラムを組む時に、最前列3人の中央で相手フォワードと直接組み合う、文字通りスクラムの中心となる選手です。スクラムをコントロールすると同時に、スクラムハーフが投げ入れたボールを足でかきだす役割を担います。左右プロップと同様にがっしりした体型の選手が向いていますが、スクラムをコントロールしながらボールを足で扱う事の出来る器用さも求められます。また、ラインアウト時にボールを投げ入れる役(スローワー)となることの多いポジションでもあります。

右プロップ

フォワード/フロントロー
背番号3番

スクラムを組む時に、最前列3人の中の右に位置する選手で、相手フォワードと直接組合うスクラムの要です。体重が重く、がっしりした体型の選手が向いていると言われています。スクラムでは相手プレーヤーと激しく組み合うので、首が太く頑丈で、耳が大きい事も特徴の一つ(?)です。プロップとは支柱という意味です。タイトヘッドプロップとも呼ばれます。

左ロック

フォワード/セカンドロー
背番号4番

スクラムを組む時に、プロップとフッカーの後方から押し込む選手です。左ロックはがっしりとしていて跳躍力があり、身長の高い選手が向いています。長身を活かし、ラインアウト時のジャンパーや、キックオフで蹴られたボールの受け手などを担います。

右ロック

フォワード/セカンドロー
背番号5番

スクラムを組む時に、プロップとフッカーの後方から押し込む選手です。左ロックに跳躍力が求められるのに比べ、右ロックにはパワーが求められます。

左フランカー

フォワード/サードロー
背番号6番

スクラムを組む時に、左後方端から押し込む選手です。スクラムは勾論、バックス陣が攻撃している時にはサポートとして走り回る、大変体力のいるポジションです。

右フランカー

フォワード/サードロー
背番号7番

スクラムを組む時に、右後方端から押し込む選手です。スクラムは勾論、バックス陣が攻撃している時にはサポートとして走り回る、大変体力のいるポジションです

ナンバーエイト

フォワード/サイドロー
背番号8番

フォワードを最後方からコントロールし、統率する選手です。スクラムの時には、後方に運ばれた ポールを手で運び出すこともあります。 体の大きさ、スピードとパワー、的確な判断力。 総合的に高い能力の求められる、フォワードの中 で最も華のあるポジションです。 また、守備/攻撃の両面においてチームの中心 となる、大変重要なポジションです。

スクラムハーフ

バックス/ハーフバックス
背番号9番

スクラム時に、両チームの組み合った中間にボールを投げ入れ、そのボールを手で取り出す(※ナンバーエイトが取り出す場合もあります)役目を担うポジションです。フォワードとバックスの繋ぎ役で、敏提陸性と的確で正確な判断力が必要なポジションですが、体が小さくても充分に活躍できるポジションでもあります。

スタンドオフ

バックス/ハーフバックス
背番号10番

同じハーフバックスでもスクラムハーフはフォワードよりでプレーすることが多いのですが、スタンドオフはバックスよりでプレーすることが多くなります。バックス陣を率い、自ら走り、蹴り、パスを出し、とバックス攻撃の起点となる、チームの司令塔的なポジションです。

左ウイング

バックス/スリークォーターバックス
背番号11番

バックスの左端で、多くのトライを得ることが求められるポジションです。
チームの中で最もスピードのあるプレーヤーが担うことになります。
自陣深くから敵陣深くまで走り込むこともありますので、瞬発力だけでなく、スタミナとスピードの両方が必要となります。

左センター

バックス/スリークオーターバックス
背番号12番

バックスの中央左のポジションです。守る時にはタックルをする機会が多く、攻める時にはウィングのトライをアシストすることが多いので、パックスの中では地味ですが、重要な「縁の下の力持ち」的なポジションです。突破力とディフェンス力、スピードとパワー、両方が必要とされます。

右センター

バックス/スリークオーターバックス
背番号13番

バックスの中央右のポジションです。守る時にはタックルをする機会が多く、攻める時にはウィングのトライをアシストすることが多いので、パックスの中では地味ですが、重要な「縁の下の力持ち」的なポジションです。突破力とディフェンス力、スピードとパワー、両方が必要とされます。

右ウイング

バックス/スリークオーターバックス
背番号14番

バックスの右端で、多くのトライを得ることが求められるポジションです。チームの中で最もスピードのあるプレーヤーが担うことになります。自陣深くから敵陣深くまで走り込むこともありますので、瞬発力だけでなく、スタミナとスピードの両方が必要となります。

フルバック

バックス/フルバック
背番号15番

チーム最後尾でバックス陣を統率し、防御ラインの最後の砦となる、サッカーで言えばゴールキーパーのようなポジションです。ボールを受け、陣地を携回するためにキックをすることが多いので、正確なキック力も必要とされます。