Honda HEAT Rugby Football Club

Home試合日程&結果

試合日程&結果Schedule & Result

ジャパンラグビートップリーグ2020 NTTコミュニケーションズシャイニングアークス戦 試合結果

VS NTTコミュニケーションズシャイニングアークス 2020年02月22日(土) 三重交通G スポーツの杜 鈴鹿 (三重県鈴鹿市) 13:00 K.O


Honda HEAT

13

  • 13 - 0
  • 0 - 14

14


NTTコミュニケーションズシャイニングアークス

Honda HEATメンバー
1 藤井拓海→17
2 呉季依典
3 具智元→18
4 ジョシュ・ベックハイス→19
5 RGスナイマン
6 ポール・スクーマン
7 小林亮太(C)→16
8 トマシソンゲタ→20→23
9 山路健太→21
10 ベイデン・カー
11 尾又寛汰
12 ショーン・トレビー
13 クリントン・ノックス
14 生方信孝
15 レメキロマノラヴァ
リザーブメンバー
16 藤浪輝人(後8分)
17 鶴川達彦(後15分)
18 呉味和昌(後30分)
19 ミロデビッド(後0分)
20 服部航介(後7分)
21 伊藤玖祥(後35分)
22 朴成基
23 渡邉弐貴(後33分)
24
25
26
27
28
29
30
  • Honda HEAT
  • NTTコミュニケーションズシャイニングアークス
前半 後半 得点 前半 後半
1 0 T 0 2
1 0 G 0 2
2 0 PG 0 0
0 0 DG 0 0
13 0 小計 0 14
13 合計 14
NTTコミュニケーションズシャイニングアークス
1 庵奥翔太→17
2 マルコム・マークス→16
3 三宮累→18
4 中島進護→19
5 ジミー・トゥポウ
6 ヴィリー・ブリッツ
7 金正奎(C)
8 アマナキ・レレイ・マフィ
9 湯本睦→21
10 クリスチャン・リアリーファノ
11 石井魁
12 池田悠希
13 シルヴィアン・マフーザ
14 張容興→23
15 安田卓平
リザーブメンバー
16 三浦嶺(後37分)
17 齊藤剣(後33分)
18 平井将太郎(後29分)
19 ロスアイザック(後37分)
20 鶴谷昌隆
21 鶴田諒(後15分)
22 松尾将太郎
23 石橋拓也(後15分)
24
25
26
27
28
29
30

速報

Honda HEAT vs NTTコミュニケーションズシャイニングアークス

- 試合開始 -

0分 Honda HEAT
キックオフ
0-0

4分 Honda HEAT
⑩カー ペナルティーゴール成功
3-0

31分 Honda HEAT
⑥スクーマン トライ
⑩カー ゴール成功
10-0

35分 Honda HEAT
⑩カー ペナルティーゴール成功
13-0

- 前半終了 -

- 後半開始 -

16分 NTTコミュニケーションズシャイニングアークス
⑫池田 トライ
⑩リアリーファノ ゴール成功
13-7

29分 NTTコミュニケーションズシャイニングアークス
②マークス トライ
⑩リアリーファノ ゴール成功
13-14

- 試合終了 -
13-14で敗戦となりました。
雨の中応援ありがとうございました。

総括コメント

【TL2020】vs NTTコミュニケーションズシャイニングアークス
ジャパンラグビートップリーグ2020 第6節
前節キヤノンイーグルスとの戦いに勝利し、
現在2勝3敗で9位につけるHonda HEATは
現在7位につけるNTTコミュニケーションズシャイニングアークスとの対戦。
今シーズン2回目の本拠地・鈴鹿でのホームゲームとなりました。
上位進出へ向け、お互いに負けられない戦いです。

どんよりした曇り空の中、
Honda HEATボールのキックオフで試合は開始されました。
ホームゲームに気合十分のHonda HEATは試合開始から激しいプレッシャーをかけていきます。
4分、敵陣で相手の反則を誘い、ペナルティーゴールを選択。
⑩カー選手が確実に決め、3点を先制します。(3-0)
その後は一進一退の攻防が続きます。
突破を許し、トライを決められそうな場面では、
⑭生方選手と⑮レメキ選手が必死の戻りでタックル。
ノックオンを誘い、チームのピンチを救います。
その後もNTTコミュニケーションズシャイニングアークスの猛攻が続くものの、
Honda HEATはそれ以上に激しいDFで対抗し、得点を許しません。
31分、耐え続けたHonda HEATが反撃に出ます。
⑩カー選手から華麗なキックパス。⑭生方選手が競り合いに勝利しキャッチします。
タックルを受けるも引きずりながら⑥スクーマン選手へ繋ぎトライ!(10-0)
さらに35分に⑩カー選手が2本目のペナルティーゴールを決め13-0とリードを広げます。
しかし終了間際に再び猛攻を受け、自陣深くでのDFの場面、苦しい時間が続きます。
Honda HEATは最後まで集中力を切らさず、ピンチを脱出して前半終了となりました。

後半はNTTコミュニケーションズシャイニングアークスのキックオフで試合開始。
雨の影響でお互いにミスもあり、なかなか得点が動きません。
DFの時間が長い中、⑪尾又選手や⑥スクーマン選手の激しいタックルで
反撃のチャンスをうかがいます。
しかし仕掛けたのはNTTコミュニケーションズシャイニングアークスでした。
16分、自陣深くでのDFで相手に突破されトライを許します。(13-7)
その後も続く猛攻に耐え続けるも、追加トライを奪われ逆転を許します。(13-14)
最後までプレッシャーをかけ続けましたが、一歩及ばず試合終了。
ホーム鈴鹿で勝利を飾ることができませんでした。

次節は3/1(日)花園ラグビー場にて宗像サニックスブルースとの対戦になります。
引継ぎ、Honda HEATへの応援をよろしくお願いします。

Photo by Y.Hagiwara

フォトギャラリー